投稿日:

相続登記に使える遺言書を作成するためには?

不動産が特定できる記載のある遺言書は相続登記に使用することができて、遺言書がない場合と比較して相続登記の際の添付する書類が少なくなります。
また、相続登記に使える遺言書があるとスムーズに相続登記ができますし、相続人の間で争いが生じることも減ることになります。
ただ、どのような文言の遺言書でも相続登記に使えるのかというとそうではなくて、相続登記に使用できる遺言書には条件があって、遺言を残すためにはその点を理解しておく必要があります。
続きを読む 相続登記に使える遺言書を作成するためには?

投稿日:

遺言書の作成を弁護士に相談・依頼するメリットは?

自筆証書遺言であれば自分ひとりでも作成することは可能ですが、専門家によるチェックがないために、法的要件不備で遺言自体が無効になってしまう危険性があります。
そのようなことを回避するためには、専門家に遺言書の相談・依頼するのがベストで、基本的には弁護士に相談・依頼することをおすすめします。
なぜ弁護士なのかというと、様々なメリットがあるからで、どのようなメリットがあるのかを知っておくことも大事です。
続きを読む 遺言書の作成を弁護士に相談・依頼するメリットは?

投稿日:

遺言はどの作り方をすれば良いのか?

遺言書を作成することで、残される家族が相続でもめることなく円満になることが多いですが、必ずしも良い結果につながるとは限らないものです。
ですから遺言書を作成する場合には、残された家族の気持ちを良く汲んで、安易な作り方をすることだけは避けたいものです。
また遺言は作り方によっていくつかの種類があるので、どのような遺言があるのかを知っておく必要もあります。
続きを読む 遺言はどの作り方をすれば良いのか?