投稿日:

遺言書の効力!遺留分について

 

・遺言書の遺留分
ここでは、遺言書に書いてある中身に関わらず、法定相続人に最低限の遺産を相続する権利を保護する「遺留分」について、詳しく解説したいと思います。
遺留分とは、法定相続人が有する権利です。
例えば、配偶者と子供の2人が法定相続人になっているケースだと、本来なら子の配偶者と子供に1/2ずつ胃酸が分けられることになるのですが、遺言書に、別の第三者の相続人の名前が書いてあると話は別になってきます。
仮に、その第三者に遺産を全部譲り渡すことの内容が書かれてある遺言書だった場合、本来なら法定相続人として遺産を受け取る権利を持っている母親と子供は、遺産を受け取ることができなくなるのでしょうか?

 

・遺贈という制度
遺言書の中にも、法定相続人を超える存在というものがあります。
それは、被相続人が遺産を譲りたいと考えて、書き記した相続人のことです。
被相続人が、遺言書によって遺産を引き継ぐことを遺贈というのですが、この効力は法定相続人よりも優先されます。
例えば被相続人が生前にお世話になったAさんがいるとして、自分の息子や配偶者にではなく、このAさんに遺産を相続させたいと考えた場合、遺言書にAさんに全ての遺産を譲るという内容を書き記します。
この書き記した内容は、法定相続人へと本来分配されるべき遺産に、大きく影響を与えます。
ちなみに、遺産を受け取る人間のことを受遺者と言います。

 

・遺留分を受け取る権利
遺言書に書かれた内容は、被相続人の意思として、民法上の相続の規定よりも優先されることになるのですが、たとえ被相続人が、Aさんに全ての遺産を譲ると遺言書に書いていても、遺留分という制度がありますので、そう簡単にはいきません。
遺留分とは、法定相続人が最低限受け取れる遺産のことをいいます。
これは民法によって保障された権利であり、この権利を行使する場合は、1年以内に減殺請求権を行使する必要があります。
これは、遺贈された人から遺留分を取り返す制度になります。
この制度を利用するにあたって注意すべきことは、1年以内に請求しなければならないということと、相続が発生していたことを知らなくても、10年が経ってしまうと時効になってしまい、今後請求できなくなるということです。

 

・トラブル防止のための公正証書遺言書
遺産相続は相続財産が大きく、相続人が複数人いる場合もめる原因になりますので、遺言書はトラブルがないように作成し、保管されなければなりません。
そのためには公正証書遺言書という制度を利用して、証人をたてた遺言書の作成と、公的機関に遺言書の保管をしてもらうことが肝心です。
できるだけ親族が遺産で揉めないように、公平な分配を心がけることも大事だといえるでしょう。

投稿日:

遺言書の家庭裁判所での検認

 

遺言書には、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言という3種類があって、自筆証書遺言と秘密証書遺言にいては家庭裁判所での検認が必要になります。
その為、勝手に遺言書を開封したり家庭裁判所で検認をしないで遺言に沿って手続きを進めたりすると、5万円以下の過料に処せられるといった罰則があるのです。
ちなみに公正証書遺言については、公証人が作成して公証役場に保管するので、改ざんや偽造される可能性がないという考えから検認は必要ありません。

この遺言書の検認というのは、家庭裁判所に遺言書の発見者や保管者が遺言書を提出して、相続人などの立会いのもとで、遺言書の内容を開封して確認することです。
家庭裁判所が遺言書を開封して、用紙・日付・筆跡・訂正箇所の署名や捺印の状況・遺言書の内容を確認して、検認調書を作成します。
そして立ち会うことができなかった相続人や利害関係者に対して、家庭裁判所における検認手続きが完了していることを通知するのです。
つまり、検認することによって相続人に対して確かに遺言があったと遺言書の存在を明確にして、偽造されることを防ぐために行われる手続きになります。
その為、検認手続きの済んでいない遺言書では、不動産名義変更や預貯金の解約などができないので、先にも触れたように遺言書の検認手続きはかならず必要になるのです。
ただし、検認は遺言内容の形式が整っているかを判断するもので、決して遺言書の効力を証明するものではないので、検認したとしても遺言書について争われる可能性もあります。
また家庭裁判所で検認をしなくても遺言書が無効となることはありませんし、相続人の誰かが勝手に遺言書を開封しても遺言書の内容は有効になるのです。
しかし過程裁判所で検認することは遺言書の偽造の疑いをなくして相続手続きをスムーズにするためのものなので、できる限り遺言書の検認手続きはしましょう。

遺言書の検認手続きの流れですが、検認申立書・遺言者の出生から死亡までの戸籍等・法定相続人全員の戸籍等の関係書類を集めて、遺言者の最後の住所の家庭裁判所に提出します。
提出された書類に不備がないと家庭裁判所から相続人全員の住所に遺言書を検認する遺言書検認日について、約1ヶ月~1ヶ月半後に案内が郵送されるのです。
申立人は遺言書検認日になったら遺言書を持参して家庭裁判所で遺言書の検認手続きをしますが、他の法定相続人がいなくても手続きは可能となります。
遺言書検認が終了すると遺言書が検認証明付きになるので、相続手続きを進めることができるようになるのです。

投稿日:

遺言における遺留分対策について

 

財産相続における遺言の遺留分についてご存知ですか。
遺留分とは相続人の最低限の財産を確保するための制度です。
この制度を利用したいときは遺留分対策の方法を確認し、自分にはどんな対策が有効なのかを確認しておくことが大切です。

・遺留分対策としての方法はいくつある?
遺留分対策の方法としては遺留分の放棄や養子縁組、生命保険を活用する方法など3つの方法で行うのが一般的となっています。
遺留分の放棄をして遺留分対策をしたいと考えるときは、生前に相続を放棄させることは出来ないので、生前に遺留分についての放棄をしてもらって対策を行うようにしましょう。
生前に遺留分の放棄をする際は家庭裁判所の許可が必要になるのですが、許可がおりる条件をクリアしていないと許可をもらえないので注意しましょう。
条件としては本人が放棄を求める場合、放棄の理由と合理性・必要性があること、代償性があることなどとなります。
なので、生前に遺留分の放棄を行いたい場合は、生前贈与を行い特別受益があることを証明して家庭裁判所から許可をもらいましょう。

・養子縁組による遺留分対策について!
養子縁組に関する遺留分対策については、養子縁組によって相続人が増えることにより遺留分を引き下げてもらうことが出来ます。
これにより、財産の最低限の遺留分がさらに減額されることになります。
民法上では養子の人数に制限はないので、手っ取り早く遺留分対策を行いたい場合は養子で人数を増やすのがおすすめですよ。

・生命保険を活用した遺留分対策について!
生命保険に関しては被相続人の財産として加算されるわけではなく、受取人の財産として見てもらうことができ、相続人としての取得財産にはならないので遺留分対策に活用できます。
その方法としては相続財産である現預金を減少させる、遺留分減殺請求をされても保険金で価格賠償をするなどの方法があります。
生命保険は相続財産ではなく、受取人の財産となるので死亡後遺留分の算定として基礎財産に含まれることもなければ、遺留分減殺請求の対象になることもありませんよ。

このように遺留分対策を行いたい場合は、これらの方法で行うことが一般的であるとされています。
どの方法で遺留分対策を行うかはよく検討してから決めたほうがいいと思います。
遺留分対策では主にこの3つが活用されているので、自分にはどんな対策が有効なのか、どの方法で行うのが的確かを考えてから対策を行うようにしましょう。

投稿日:

【タイトル】遺言をのこすにはどうしたらいい?

 

遺言をのこすには、どうしたらいいのでしょうか。
遺言書にまつわる本やサイトは沢山出ていますが、ハッキリとした答えを掴めていない方も多いでしょう。

遺言ののこし方は「人それぞれ」としか言いようがなく、ケース・バイ・ケースと答えようがありません。
そこで効力がある遺言ののこし方について、取り上げます。

まず遺言をのこすには、全て手書きで記すことです。
自筆遺言書の場合、法律で「遺言を書く時は遺言者は全文・日付・名前も全て自筆でかかなければならない」と法律で決められています。
だからパソコンやワープロで記した遺言に効力はなく、無効になります。

最近は動画で遺言をのこそうと、考えている方も多いでしょう。
動画での遺言は、本人の口から直接出た言葉であるとはっきりと証明されています。
でも残念ながら動画での遺言も、今の法律では効力を発揮することはありません。
今後法改正が進み動画の遺言でも、効力があると認められる日は来るでしょう。

しかし動画”だけ”ならば効力は発揮しませんが、動画と遺言書のセットになっているものならば絶大な効力を発揮する可能性があります。
動画に遺言書を書いている様子を映し出し、最後には遺言書に署名捺印する様子を映します。

明らかに本人が書いた遺言書であると同時に、本人の意思で書かれていたという何よりの証拠になります。
遺言を動画でのこす動きは広まりつつあり、実際にサービスの一環として承っている業者もあります。

ただお金を出してのこした動画の遺言でも、残念ながら法律的な効力はありません。
でものこされた人に対して愛のあるメッセージを送るというのなら、動画での遺言は絶大な力を発揮してくれるでしょう。

また遺言は、本人の意思でのこすものです。
手が不自由になり文字が書けない方でも、自分で遺言を書かなければ無効になってしまいます。
他の人に代筆を頼む・レコーダーで遺言をのこす、先程にも述べたように動画で遺言をのこしても無効です。

手が不自由で文字が書けない場合は、自筆証書遺言ではなく公正証書遺言書でのこす方法があります。
公正証書遺言書は公証人が遺言内容を文章として書き記すので、文字が書けなくても問題ありません。

書いた遺言書に効力があるかどうかは、素人目には分かりづらいのが正直な所です。
遺言書を確実なものにするためにも、一度弁護士などの専門家に相談してみてはいかがでしょうか。
遺言書1つで弁護士に頼むとなると気が引けますが、弁護士側は快く承ってくれるので大丈夫です。

投稿日:

遺言書の作成を相談・依頼する専門家を選ぶのなら

遺産相続により残された家族がもめることがないようにする対策として、最も確かな効力を発揮するのが遺言書です。
ただ法的に効力を発揮するためには、決められたルールを守る必要があって、適切な遺言書を作成しようと考えた場合に誰か頼りになる相談者が欲しいと考える方も少なくないです。
続きを読む 遺言書の作成を相談・依頼する専門家を選ぶのなら

投稿日:

作成した遺言を変更することは可能なのか?

遺言は自分の意思に基づく遺産分割の方法、遺贈などの相続財産について、子の認知や後見人の指定などの親族の身分関係に関する内容について作成することが可能です。
そして、法的に問題がない遺言であれば、遺言作成者本人の死亡と同時に効力が発生することになります。
続きを読む 作成した遺言を変更することは可能なのか?

投稿日:

自筆証書遺言は必要事項や形式を守る必要がある

遺言の形式のひとつとなるのが自筆証書遺言で、その名が示す通り自分で遺言書を作成する方法です。
その為、極端な表現になりますが、紙とペンさえあれば作成できるもので、費用は必要なくとても手軽な遺言方法といえます。
しかし、遺言書を見つけた遺族は家庭裁判所の検認を受けて、遺言書としての効力があるのかの判断を仰ぐ必要があって、多少の手間がかかることになるのです。
続きを読む 自筆証書遺言は必要事項や形式を守る必要がある

投稿日:

公正証書遺言文案作成の必要書類とは?

遺言にもいくつかの方式があって、そのひとつが自筆証書遺言で費用をかけず1人で作成することが可能な遺言形式です。
しかし、遺言を発見した人が必ず家庭裁判所に検認という手続きをする必要がありますし、1人で作成するため定められたルールに違反していて無効になってしまう可能性もあります。
このようにメリットがある反面で大きなデメリットがあることから、公正証書遺言を利用する方が増えてきています。
続きを読む 公正証書遺言文案作成の必要書類とは?

投稿日:

各専門家に遺言書作成を依頼する際の費用相場がどの程度なのか?

残された家族がもめることなくスムーズに遺産を相続できるようにと、遺言を残そうと考える方もいます。
ただ、自分一人で遺言作成をするのは不安があると共に、遺言が無効になっては困ると考えて、遺言作成を依頼したいという方も少なくありません。
では、実際に遺言作成を依頼できる先にはどういったところがあるのかというと、弁護士事務所・司法書士事務所・行政書士事務所などの士業があります。
また、こうした士業だけではなくて信託会社や信託銀行でも、遺言信託といったサービスを提供していることがあります。
続きを読む 各専門家に遺言書作成を依頼する際の費用相場がどの程度なのか?

投稿日:

遺言とエンディングノートはどのような違いがあるのか?

遺言は自分に万が一の死亡した時に、誰に財産を相続させるかなど死後の意思表示を記したもので、きちんと法的根拠があって死後に効力を発揮するものです。
その為、書式が決まっているなど様々なルールが設定されていて、それに従っていないと法的に無効となる場合もあるのです。
一方、エンディングノートは法的な根拠はないもので、書式や形式にとらわれることなく生前の意思疎通ができなくなった時にどうしてほしいとか、死後の希望など自由に記入することができます。
続きを読む 遺言とエンディングノートはどのような違いがあるのか?