投稿日:

遺言における遺留分対策について

 

財産相続における遺言の遺留分についてご存知ですか。
遺留分とは相続人の最低限の財産を確保するための制度です。
この制度を利用したいときは遺留分対策の方法を確認し、自分にはどんな対策が有効なのかを確認しておくことが大切です。

・遺留分対策としての方法はいくつある?
遺留分対策の方法としては遺留分の放棄や養子縁組、生命保険を活用する方法など3つの方法で行うのが一般的となっています。
遺留分の放棄をして遺留分対策をしたいと考えるときは、生前に相続を放棄させることは出来ないので、生前に遺留分についての放棄をしてもらって対策を行うようにしましょう。
生前に遺留分の放棄をする際は家庭裁判所の許可が必要になるのですが、許可がおりる条件をクリアしていないと許可をもらえないので注意しましょう。
条件としては本人が放棄を求める場合、放棄の理由と合理性・必要性があること、代償性があることなどとなります。
なので、生前に遺留分の放棄を行いたい場合は、生前贈与を行い特別受益があることを証明して家庭裁判所から許可をもらいましょう。

・養子縁組による遺留分対策について!
養子縁組に関する遺留分対策については、養子縁組によって相続人が増えることにより遺留分を引き下げてもらうことが出来ます。
これにより、財産の最低限の遺留分がさらに減額されることになります。
民法上では養子の人数に制限はないので、手っ取り早く遺留分対策を行いたい場合は養子で人数を増やすのがおすすめですよ。

・生命保険を活用した遺留分対策について!
生命保険に関しては被相続人の財産として加算されるわけではなく、受取人の財産として見てもらうことができ、相続人としての取得財産にはならないので遺留分対策に活用できます。
その方法としては相続財産である現預金を減少させる、遺留分減殺請求をされても保険金で価格賠償をするなどの方法があります。
生命保険は相続財産ではなく、受取人の財産となるので死亡後遺留分の算定として基礎財産に含まれることもなければ、遺留分減殺請求の対象になることもありませんよ。

このように遺留分対策を行いたい場合は、これらの方法で行うことが一般的であるとされています。
どの方法で遺留分対策を行うかはよく検討してから決めたほうがいいと思います。
遺留分対策では主にこの3つが活用されているので、自分にはどんな対策が有効なのか、どの方法で行うのが的確かを考えてから対策を行うようにしましょう。