投稿日:

遺言とエンディングノートはどのような違いがあるのか?

遺言は自分に万が一の死亡した時に、誰に財産を相続させるかなど死後の意思表示を記したもので、きちんと法的根拠があって死後に効力を発揮するものです。
その為、書式が決まっているなど様々なルールが設定されていて、それに従っていないと法的に無効となる場合もあるのです。
一方、エンディングノートは法的な根拠はないもので、書式や形式にとらわれることなく生前の意思疎通ができなくなった時にどうしてほしいとか、死後の希望など自由に記入することができます。

このように根本的に大きな違いがある遺言とエンディングノートですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。
双方のことをよく知って自分の死後のことをどのように伝えたら良いのかを考えて見ることも大切なことです。

遺言のメリットは、何と言ってもしっかりとした法的根拠があることで、それにより自分の財産を相続人同士が揉めることなく相続手続きをすることができます。
また、法定相続人以外の人にも相続させることが可能で、団体や法人にも相続させることができるのです。
一方遺言のデメリットは書式や決まりごとが多いことで、特に自筆証書遺言で残す場合には、本人が自筆で書き署名捺印する必要があると共に、法律的に不備があると無効になってしまうのです。
また公的証書遺言の場合は法律の専門家に関わってもらい作成するので、法律的に有効なものを作成してもらえますが、費用がかかるというデメリットがあります。

エンディングノートのメリットは、なかなか伝えられなかった家族や近しい人への愛情を形にすることができる点です。
また、自分で書いていくことにより自身で問題点や気持ちの整理ができる点もメリットと言えます。
一方エンディングノートの最大のデメリットは法的な拘束力がないことで、いくら自分の希望を記載していたとしても、単なるお願いごとにしかならないのです。
その為、必ず実行してほしいことについては、しっかりと遺言で残しておく必要があるのです。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、終活において自分はどちらを残すべきか、もしくは両方を残しておいた方が良いのかをしっかりと考えることです。