投稿日:

自筆証書遺言は必要事項や形式を守る必要がある

遺言の形式のひとつとなるのが自筆証書遺言で、その名が示す通り自分で遺言書を作成する方法です。
その為、極端な表現になりますが、紙とペンさえあれば作成できるもので、費用は必要なくとても手軽な遺言方法といえます。
しかし、遺言書を見つけた遺族は家庭裁判所の検認を受けて、遺言書としての効力があるのかの判断を仰ぐ必要があって、多少の手間がかかることになるのです。

また、自筆証書遺言の書き方は簡単ですが法律に定められた必要事項や形式があってそれらを満たす必要があり、もし必要事項や形式に不備があると遺言が無効になってしまうこともあるのです。
その結果、せっかく残した遺言書による自分の意思が実行されないことになってしまうので、最低限のルールとなる必要事項や形式について知っておく必要があります。

自筆証書遺言の必要事項の1つ目は、遺言の内容・日付・遺言者の署名を全て自書することで、パソコンで作成したものや代筆してもらったものに関しては無効となります。
また、音声やビデオの映像での遺言も同様に無効となるので注意が必要です。
2つ目は日付を明記することで、例えば〇〇年〇月吉日などと記載していると作成日が特定できないため無効になりますし、日付のスタンプなども無効です。
3つ目は署名・押印をすることで、その際はペンネームなどでも可能なのですが、できる限り戸籍通りのフルネームで書いた方が無難です。
押印についても認め印でも問題ないことになっていますが、できることなら実印がベストと言えます。

4つ目は加除訂正は決められ方式に従って行うことで、法律が定めた方式を守らないと無効となります。
その為、もし訂正や追加がある場合には、全てを書き直した方が無難と言えます。
5つ目は封筒に入れて封印することで、法的には規定はありませんが改ざんなどのリスクを避ける為にも封筒に封印して保存することをおすすめします。
その他の注意点としては、遺言の記載内容は具体的に書くことで、曖昧な表現を使わないように心がけることが大事です。