投稿日:

各専門家に遺言書作成を依頼する際の費用相場がどの程度なのか?

残された家族がもめることなくスムーズに遺産を相続できるようにと、遺言を残そうと考える方もいます。
ただ、自分一人で遺言作成をするのは不安があると共に、遺言が無効になっては困ると考えて、遺言作成を依頼したいという方も少なくありません。
では、実際に遺言作成を依頼できる先にはどういったところがあるのかというと、弁護士事務所・司法書士事務所・行政書士事務所などの士業があります。
また、こうした士業だけではなくて信託会社や信託銀行でも、遺言信託といったサービスを提供していることがあります。

しかし、いずれの専門家へ遺言作成を依頼したしても、必ず費用が発生してくるもので、ここから各専門家の遺言書作成の費用相場がどの程度なのかを知っておくことも大事です。
ただ専門家へ遺言書作成を依頼する場合の費用相場と言っても、実際に依頼すると別途で遺言書保管料やコンサルタントなど名目で費用がかかることも考えられます。
ですから、あくまでも参考程度の遺言書作成の費用相場といった感じで留めておいてください。

他の士業と違って弁護士は、遺言に残す財産の大きさなどによって費用が変わってくるようで、一般的な財産であれば約20〜30万円程度で完了します。
もし遺留分などで相続人の間で紛争が発生する予想がある遺言内容の場合には、弁護士に依頼しておくのがベストと言えます。
司法書士は財産の大きさで費用が変動することはなくて、一律の料金体系を採用している事務所が多く、費用相場としては約7〜15万円程度です。
亡くなった後に不動産の名義変更が発生する場合なら、遺言作成の段階から司法書士へ依頼しておくことも一つの選択肢です。

遺言作成を業務としている行政書士は、遺言作成を積極的に受任しているところが多くて、費用相場は司法書士と同様に約7〜15万円程度です。
信託銀行や信託会社は、30万円程度の料金体系をとっているところが多い印象ですが、プランによっては作成費用が80万円や100万円といった高額な場合もあります。
単に費用だけで依頼先を決めるのではなくて、遺言の内容なども考えて遺言書作成の依頼先を選択することが大事です。